• 月がたり®

自己効力感と自己肯定感の違い


自己効力感と自己肯定感の違い



自己効力感と自己肯定感の違いは

わかっていますか?


自己効力感とは

「私にはできる!」という、自信です。


「自分は必要な行動をとって、結果を出せる」

と考えられる力です。


なので、

「自分は達成できる」

「自分にはできる」

という確信があれば「自己効力感が高い」状態で、

「自分には無理だ」

「自分にはできない」と考えていれば

「自己効力感が低い」状態であると言えます。


そして今、自己効力感が必要と求められています。


そして、

自己肯定感は、

「あるがままの状態で大丈夫」と言う意味。



生きる力、生き抜く力



もちろん「自己肯定感も」大切な感覚なのですが、

生きる力、

生き抜く力が

必要なシーンが多い中で、

この自己効力感こそ

今、必要な人が多いのです。


「自分には出来るんだ!」

という自信を客観的に捉えたい方は、

自分を見つめてみませんか?


なりたい自分になるために、

夢や目標を叶えるために、

強く幸せに、

しなやかに生きていくために、

折れない心を持つためにも

自分を見つめてみませんか?




┈┈┈┈ 𝓶𝓮𝓷𝓾 ┈┈┈┈ ■月がたり®セッション ■セルフリーディング講座 ■相性リーディング講座 ■セルフリーダー養成講座 ■相性リーダー養成講座 ■月がたり®公認 カウンセラー養成講座 ■月がたり™公認 ティーチャーカウンセラー養成講座



PC表示の方は、こちらのQRからLINE登録してくださいね♪
PC表示の方は、こちらのQRからインスタに登録してくださいね♪








閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示